Tyte

ファントム補足3

・クリアー層
パールの効果を最大限引き出す意味でもクリアー層は大事です
時間と労力をどれだけ費やしても構わない!と言うのであれば
「研ぎ出し」をお勧めします
・下は数年間放置状態のカウル(やる気無いな:汗)
rc211v.jpg
デカールを貼り付けるパーツの場合、段差消しも出来るのでカナリ重宝する技法です
画像のモノは途中段階なので完全に段差が消えていません(苦笑)
研ぎ出しに関してはオートモデル(車、バイク)製作者が参考になると思います
「ツヤ命!」の人たちが多いですから・・・

基本的には表面を削る作業ですから
それなりにクリアー層の厚みを稼ぐ必要があります
凸部は磨き作業によってエッジをシャープに見せる事は可能ですが
問題は凹部!クリアーが見事に埋めてくれる orz
凹部の埋まりはスミ入れにも影響を及ぼすので何か対策を講じた方が賢明です
そこで塗装前の段階で全モールドを彫り直すわけですね(汗)
だから時間と労力が・・・
コレをやってる人は偉いです!自慢していいです!(マジで)
自分はMHで同じ事をやる根性ありませんから・・・
スポンサーサイト

■ プロフィール

山岡 哲

Author:山岡 哲
原型師
メカをゼロから造れたりする人

■ 最近の記事

■ 最近のトラックバック

■ 月別アーカイブ

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■ FC2カウンター

■ ブログ内検索


まとめ