Tyte

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイレンF-4

色々と各部を調整してますけど
全体的なセンター&シンメトリー調整ですね、やってる事って言うのは。
ドッチが織田裕二でドッチが石黒賢だったか?ソレさえも振り返る事が許されてない状況
ホント「YAH YAH YAH」って感じの勢いで原型を造らされてるんですよ!
だから時間が解決できる所、詰めの甘さや調整はユーザー側でやったら良いんじゃないですかね?
っていうのが私の意見でもあり、製作法となります。
例えば右腕なんですがね
F-17.jpg
コレ、素直に組むとセンターがズレるんですよ。
盾のセンターと前腕のセンターが一致しないと・・・
意図的なズレとも思えないので、私は直してるんですよね。
先にも述べましたが、いちいち調整とか修正に手間を掛けてられないハズなんですよ、原型製作って。

F-18.jpg
先ずは、前腕とカフスアーマーのセンターを合わせますよねー
で、盾のセンターがコレと一致するように接続パーツを調整(改修)すると・・・
F-19.jpg
←の部分がソレになります

キット付属の書籍というか解説書にベルグさんの抜き工程等が載ってますし
価格の高騰化理由なんかも述べてあるわけなんですがー
F-20.jpg
ナンて言うのかなー、コレは提供する側と買う側の差がチョットね~
トイズさんとしては多少価格が高くなっても真空メインで抜いて
質が高い方が良いでしょ?どうですかー!って事で
私、個人的にはクオリティ至上主義マンセー!なんで拍手を送りたい所だったりもするんですけど・・・
ユーザー側の答えが出ちゃってるしね~

谷さんの原型って磨きっパなしでサフを乗せてない状態で納品されてるでしょ?
エッヂ垂れとか凄く気にしてる証拠だと思うんですよ。
造りも緻密だし、逆テーパー&エッヂ!って感じでサフなんて極力乗せたくないと・・・
で、抜きも真空メインで良い状態のパーツを用意してあると。
ソレに対するユーザーアンサー・・・

容赦なく缶サフぶちかます!

コレが全てじゃないですかね('A`)

缶サフ=悪、なんて言いませんし後程説明しますけど
それでも小サイズの谷さん原型のキットに缶サフは厳しいかな~
トイズさんが気にする程、買う側は抜きの状態を気にしてないと思うんですよ、悲しい話ですが(´Д`)
真空抜きのメリットと遠心抜きの歪みを分ってる人間なんて
原型師でも分かってない人がいるってレベルの話ですしねw
「オレは気にしてブラシ派だぜ!」という方もいらっしゃるかとは思いますが
残念ながら私同様アナタもマイノリティですw

あるパティシエの話が正にコレだと思うんですよー
その人は有名店で働いていたし
独立してお店を出してもやっていける自信があったわけなんですが
お客さんが余り来てくれなくてですねー
材料から見直し、安物で自分の納得のいく味なんかじゃない物を出すようにしたと・・・
結果、お客さんが来るようになり商売繁盛になりましたとさ、めでたしめでたし・・・
ホントにめでたいのか?って事なんですけどねw

違いの分かる人にだけ売るなら至上主義も結構なんですけど
商売として、ある程度売りたいならダメでしょうねー
ウェーブさんのEEEシリーズなんかも同じじゃないですか?
クオリティは誰もが認めるんですよ「凄い、素晴らしい」って。
「じゃあ、買う?」ってなると話は別というw

私は以前からMHに対してブラシサフを推奨してきましたけど
やっぱりMHのような造りを塗膜で潰したくないからなんですよねー
じゃあ、ブラシに切り替えるか?という方の為にメリット&デメリットを話しておこうと思います。
多分、こんな説明は最初で最後じゃなかろうかw

スプレーは噴射量が全然違いますし、やっぱり楽ですよねー
一発目はアリのような気もしますけど。
2回目3枚目ともなると流石にダメですよw
局地的に吹き付けできないデメリットがデカすぎるんですよね(・A・)

ブラシで吹けば塗膜は稼ぎませんし局地的な吹き付けが可能となります。
コレだけ聞くと良い事しかないように思えますけど
ナンて言うのかなー、認識とでも言うんですかね~
缶サフに限界を感じた人が行き着く先がエアブラシによるサフ吹き、なんですよ。
ブラシだと缶サフに見られたキズ消し効果は皆無となります
#800のペーパー跡でさえ消えませんからね、推奨#1000以上ですね。
剣聖クラスでブラシサフ納品の人達のフィニッシュレベルってコーいうレベルですよ。
まぁ、無駄スペックなんですけどww

もう昔話レベル前の話なんで出しちゃいますけど
私、造形村に入った時にブラシ推奨したんですよ
MH原型のダレが気になってたしw
平井さんだけでしたねー、切り替えたの・・・
正確には缶サフの限界に達していたのが一人だけだったという事かもしれませんが
もう一人Aさんもブラシに切り替える気になっているようだったんですけど
私は止めたんですよね、お勧めしなかった。
ナゼかというと、造ってる原型がフィギュアであったというのと
ソノ時点で缶サフに限界を感じてる様子ではなかったと判断した為です。

模型製作に於いて長文ウンチクとかナンセンスだとは分かってるんですけど
説明しない事には伝わりませんからね~
良い機会と思い説明させて頂きました。
谷さんの造りに対する私なりの答えが
ブラシサフ&塗膜を稼がずに仕上げる塗装工程となります。
塗装に行くまでの前振りが壮大過ぎるww


スポンサーサイト

■ プロフィール

山岡 哲

Author:山岡 哲
原型師
メカをゼロから造れたりする人

■ 最近の記事

■ 最近のトラックバック

■ 月別アーカイブ

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■ FC2カウンター

■ ブログ内検索


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。