Tyte

ハイドラ・ミラージュー2

未だに画像編集が終わらず、ドコから説明していけば良いのか・・・

とりあえず
このキットを組む上で一番重要?とも言える腕から解説してみましょう。
hyd6.jpg
前腕フレームと装甲、接続部分に一応ダボとも言うべき凸凹があるわけですが・・・

hyd7.jpg
完成見本と同じにする場合、結構なスペースができるw
というか、装甲が上腕に干渉するから凸凹は無視して組むしかないわけで・・・
完成後には見えなくなるような所ですが
シンチュウ線まんまが嫌だったのでパテで構築した結果が画像の状態。

肩は肩でコレがまたw
hyd8.jpg
装甲同士を素直に組んだモノが右側
コレだと上腕が収まらないんですよw
hyd9.jpg
だから上腕を納められるぐらいに広げて組むのが正解。
接続部分をパテで修正というか調整してあります(左側)

製品クオリティが高いキットなのでソコまで気にしなくても良さそうですけど・・・
hyd10.jpg
意図した隙間以外は完全にピッタリ合うように修正
全個所ワザワザ載せませんけど、首とか画像の胴体辺りは完全に合うようにした方が宜しいかと・・・
hyd11.jpg
脇?というか左右の積層パーツも隙間なくピッタリ合うようにしてあります。

続いてモミアゲ、この表現はマズいかな?
hyd12.jpg
じゃあ、フレンツェンww
コレが通じる人は「眉毛と言えばアロンソではなくヒルだろ!」にも共感して頂けるハズw
hyd13.jpg
頭部、首、胸をちゃんと組んでから取り付けて位置を決めましょう。
胸パーツの凹に収まるようになるハズです。
ガッツり軸打ち出来るだけの肉厚も無いし
ツノ?&このパーツは一体化しちゃうかも・・・
スポンサーサイト

■ プロフィール

山岡 哲

Author:山岡 哲
原型師
メカをゼロから造れたりする人

■ 最近の記事

■ 最近のトラックバック

■ 月別アーカイブ

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■ FC2カウンター

■ ブログ内検索


まとめ