Tyte

ハイドラ・ミラージュー1

とりあえず、記事一発目なので
先ずは触りだけw

対離型剤:脱脂作業からなんですが・・・
hyd1.jpg
塗料乗りの一切を受け付けない、と言わんばかりのテカリ
昨今のベルグ抜きだとココまでテカってませんが
この頃のキットはコンナもんです。
普通に中性洗剤&クレンザーで洗いますけど
それだけだと対マスキング塗膜剥離に対処しきれるかドーか・・・

ペーパーがけ最強説は不動!
hyd2.jpg
急がば回れ、ってやつですよ
マスキング時に「おっかなびっくり」で作業するとか
精神衛生上よろしくありませんしね~
右側が未処理パーツなんですけど
画像だと、大してテカってないなw
現物はテカテカなんですが・・・

マイティシリーズと言えば「積層」表現
ある意味「肝」とも言うべき所なんですが・・・
hyd3.jpg
ソーいった所に限ってズレズレだったりw
まぁ、ちゃんと直しますけど・・・

今現在、パーツ整形&仮組してますけど
思っていた以上にハイドラはメンドいw
ネット上でも余り見かけないので
参考文献を見ながら組んでます。
hyd4.jpg
MG誌2000年7月号
hyd5.jpg
正確には「ハイドラ」じゃないんですけどねw
誌面でカット数が多くて、ちゃんと載ってるのってコノ号ぐらいじゃなかったかな?

今回、「彗王丸」との違いについての説明は行いません。
直近という事はありませんが彗王丸も作る予定があるので
完成時に見比べてもらえれば、と思っております。
スポンサーサイト

■ プロフィール

山岡 哲

Author:山岡 哲
原型師
メカをゼロから造れたりする人

■ 最近の記事

■ 最近のトラックバック

■ 月別アーカイブ

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■ FC2カウンター

■ ブログ内検索


まとめ