Tyte

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤田版ゼータ-3

今日からゼータの続きを連投していきます。
気持ちの上では某原型作業に集中したい所なんですがねw

・スタビライザー
誰も真似する人はいないと思うんですけど
一応、工作説明はしておかないとワケわかめになりますから・・・
z17.jpg
このパーツって一体成型なんですよねw
スタビなのに一切動く気配がないという(;´Д`)

z18.jpg
判りますかね?左がキットで右が加工パーツなんですが・・・
完全に埋められとるやんけ(;゚∀゚)

結果
z19.jpg
三枚おろしの如く捌きましたw

z20.jpg
左がキット、右が加工パーツ
敢えて元の角度にはしていません。
「動く感」演出とでも言いましょうか・・・

z21.jpg
ブッタ切ったら分かると思うんですけど(真似する人間が本当に居るのかw)
上面は辻褄が合わなくなってくるから変更する必要が出てきます。
↓解説
z22.jpg
先ず0,5mmプラ板に■の穴を開け、その縁にスジ彫りを入れます。
その加工したプラ板とエバーグリーンのVグルーブ(プラ板)を接着します。
それから■の下にドリルで穴を開けプラ材を突っ込んだら完成!
元のディティールは変更せず、それなりに再現は出来たと思ってるんですけど・・・

「動く感」演出
z23.jpg
完全に埋まっているよりは遥かにマシになったとは思ってるんですけどドーですかね?
ココには隙間がある程度は必要じゃないか?という判断です。

z24.jpg
スラスター部分は一度くり抜きます。
左がキット、右が掘ったパーツです。

z25.jpg
掘った所にエバーグリーンのラップサイディング(プラ板)を投入!

z26.jpg
先端部はプラ板ではなく、パテ加工により少し変えてあります。

・プラ板投入パーツ
z28.jpg
↑以前の記事でスネに付くパーツの裏加工を説明しましたが
↓頭部、盾に付くパーツも同様に処理しています。
z29.jpg
一度掘ってから
頭部にはエバーグリーンのラップサイディング(プラ板)を
盾に付くパーツにはエバーグリーンのメタルサイディング(プラ板)を投入しています。
頭部に関しては、もっと奥まった所に収めたかった所なんですが・・・
z30.jpg
側面ディティールの事を考えると浅くしておくのが正解ではないか?という判断です。
スポンサーサイト

■ プロフィール

山岡 哲

Author:山岡 哲
原型師
メカをゼロから造れたりする人

■ 最近の記事

■ 最近のトラックバック

■ 月別アーカイブ

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■ FC2カウンター

■ ブログ内検索


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。