Tyte

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MP4/6-2

予告通りF1記事ですw

先ずは前回の記事で中途半端な説明で終わっていたFサスの解説から・・・

セナの開幕4連勝!母国ブラジルGP初優勝!を考慮して前半戦仕様で作る方もいらっしゃると思いますが
シールドスクリーンを赤くするだけじゃ済まないんですよね。
Fサス:前半、中盤、後半で異なるからw
チョイと検索してみた所
91_BRA.jpg
前半ブラジルGP仕様

F-sus.jpg
コレはコレクションホールの車両?
上記2点が前半仕様です。

タミヤさんのキットは中盤仕様を再現しています。
クロヒス掲載は中盤仕様のみでして
後半仕様ともなると検索でもなかなかヒットせず・・・

F1modelingセナ・ギガ・スペシャル
giga.jpg
一時、高値が付くほどの本だったらしいんですけど
再販もされたようですし、今なら入手も楽なんじゃないですかね?
giga2.jpg
1カットのみですけど後半仕様が掲載されています。

参考までにフェラーリ642のFサス画像を載せておきます。
642.jpg
(メキシコ仕様)
MP4/6の後半仕様はコレに似た構成になってます。

参考までに述べておきますと
パッケ
キットの箱絵(Fサス)の配線は若干ミスってますw

キットの説明書に実車の写真がいくつかありますけど
インスト
上段左側から2番目のFサスはキット仕様(中盤戦)の写真なんですが
上段右端のセナが写ってる写真は前半仕様サスになってますw

仕様に拘る人は頑張って再現してください!

で、ようやくココからがキット解説です。
と言ってもほんの一部分ですけどねw

説明書「⑬マニホールドのくみたて」
コレ
「E26」を取り付ける際にフューエルインジェクションに合わせて接着するのが正解(らしいw)
つまりはキットの凸凹を無視するという事になりますが・・・
キットのまま付けるとエアボックスにも干渉しちゃうし
実車に合わせるのが正解だと思います。
序に申し上げますと、上記のように加工しようがキットのまま取り付けようが
コノ後の工程「⑭マニホールドのとりつけ」では
エンジンとマニホールドが干渉しちゃうので
いずれにしても要調整です!

エンジンとマニホールドの干渉なんですが
E26.jpg
「E26」
私は矢印で示した部分を削って対処しました。

最後まで組んでみてインダクションボックスが浮いちゃったりしちゃうのは
この辺の調整具合が原因じゃないですかね~
って、まだ最後まで組めてないけどw

今日はここまでで勘弁してください。
明日、製作工程の続きとマルボロデカール:エッフェ&タブ比較
それからカウルファスナー考察の記事を更新します。
考察というかマテリアル紹介?です。
スポンサーサイト

■ プロフィール

山岡 哲

Author:山岡 哲
原型師
メカをゼロから造れたりする人

■ 最近の記事

■ 最近のトラックバック

■ 月別アーカイブ

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■ FC2カウンター

■ ブログ内検索


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。