Tyte

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マドロック-1

製作記という事で今まで作ってきたキット同様にカテゴリー分けしてみました。

いつもであれば仮組み画像から始まりますけど
原型完成状態が一番の参考画像だし、今回は割愛しますw

とりあえず一体化パーツから説明していきましょうかねー
一体化
バックパック左右に付く2パーツ
一体化2
スネ後ろに付く左右各1パーツ
上記のパーツ分割は抜きを考慮して別パーツ化したモノです
接着してください。
バックパックは別パーツのままでも問題ありませんが
スネの方は分割線を消す必要がありますから・・・

キャノン先端部
穴
原型段階では穴を開けていませんので開口してください
インストにも書いてありますが直径は3.5mmです。
原型段階で穴を開けていても良かったかもしれませんが
成型時のズレを考慮すると「塞ぐべき!」と判断しました。
ホントは頭部のバルカンも開口すべきなんでしょうが
直径0.3mm以下のドリルで開けるようなレベルだし
やらなくても良いと思えたのでインストに「バルカン開口」は記載してません。
0.5mm以上のドリルを使った場合、砕けると思いますw

サークルパーツ
サークル8
ヒザ、踝に付く円形状のパーツ8個
全て形状が異なります。
正確には「基本的には共通パーツ、ダボ形状が全て異なる」です。
ココは表側よりもソノ「ダボ」が重要でして
ベルグさんに「ゲートを設ける際にはダボ側ではなく表側にお願いします。」と注文を出しました。
抜きの良さもあり軸打ち等は一切行っていないにも拘らず
画像の通り!ピッタリはまります!
コーいった小さいパーツの軸打ちとかってメンドいじゃないですか~
ストレスフリーです(´・∀・`)

インストに書いてあるので購入された方はソーいう事か~と納得して頂けると思うんですがw
・腰周り装甲(スカート)
○
丸
リベットモールド
基本的にはプラ製のモノを埋め込んで、ソノ頭をフラットに削って表現してあります・・・が
スカートに使うプラ製のリベットで丁度良い直径のモノが無い(;´Д`)
仕方なくスチールボールを埋め込みました。
普段は穴を開けたらそのまま埋め込んで終了なわけですけど
ナゼか今回はポロポロ落ちる orz
という事で原型製作時に接着剤を投入しました!
なので接着剤ハミ出し跡が見られますw

で、加工後のパーツ
加工後
コレじゃ違いなんて分かりませんけどw
ちゃんと各球体の頭を削りましたよ。

工作でやる事はこのぐらいなんですよねー
この後はサフってひたすら磨くのみ!
イベント終了後にはなりますけど
ちゃんと塗装工程を載せていきます、つーか塗装工程がコノ製作記のメインじゃなかろうか?
スポンサーサイト

■ プロフィール

山岡 哲

Author:山岡 哲
原型師
メカをゼロから造れたりする人

■ 最近の記事

■ 最近のトラックバック

■ 月別アーカイブ

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■ FC2カウンター

■ ブログ内検索


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。