Tyte

注意事項?

ワザワザ書く事でもないと思っていたわけなんですが・・・長文の連投スミマセン。

コチラに足を運んでくださる方全員が区別できていないとは思いませんが
ブログ記事中に於ける「製品」と「作品」とでの見方や意見の使い分け、コレが判断できないのであれば記事を読まない事をお奨め致します。
区別できてない方は何でも「叩いてる!」と受取る傾向にあるようなので・・・
当たり前の話ですが「自分の意見が正解!」なんて言う気もありませんし、違う意見があって当然です(100人が100人、全員賛同者だったら逆に気持ち悪いでしょw)
だから多少は偏りがあります、その辺は御了承ください。

製品クオリティに於けるツっ込みは購入者向けの参考意見です。
届いてみたら「期待してたのと違う」という経験がある方ならば共感する部分でもあり
レビューは手助けになっているハズ?と思って書いてます。
HPを御持ちで製作経過を挙げてるような方は正直に感想を述べられると購入者向けの参考意見になって大変宜しいかと思います。
仮に意見が偏っていたとしてもソレも含めて買うかドーか決めるのは購入者の判断
参考意見が多い分には手助けにはなっても困らないと思います。

自分が考える「製品」クオリティとは具体的にどのような事を指すのか?ソレを以下に記します。
「組み易さ」「抜きレベル」「パーツ精度」「情報量」「仕上げ(磨きレベル)」このぐらいですかね?
剣聖クラスの人をコレに当てはめた場合
トータルパフォーマンス順「平井さん>西山さん>谷さん=生嶋さん」が自分の見解です。
谷さんの場合、海洋堂時代のキットを当てはめてますから今現在のキットレベルではありませんけど・・・

コレが「作品」として見るというなら話は変わってきますよ、順番が入れ替わるでしょう。
ただ、「作品」に関しては各自の好みや感性の部分で意見が大きく異なる(定規で測れる、といった単純な物でもない)ので語れません。
ましてや「作品」否定はしちゃいけないと・・・

「製品」クオリティの内訳で以下の事に気付いた方は非常に分かってらっしゃいますねw
「抜きレベル」以外は原型製作時間に左右される事柄を指してるんですよ。
つまり時間をかけたら誰でも補える部分、ですが現実には時間に制約がある・・・
谷さんのサイレンFは3ヶ月ほどの製作期間とありますが、正確には「3ヶ月以内で完成させなければならなかった!」じゃないですかね?
それでパーツ精度までが機械並みだったら人間じゃありませんw
精度的なツっ込みをしたのは購入者向けに対してですよ、各々でキットのドコに商品価値を見出してるかは違いますから・・・
¥3万5千もするからパーツ構成も粉々KOGに近いと思っていた方が居らしたんじゃないですかね?
だからスクリティに近い内容だと参考意見を述べたまでです。
ちなみに、自分が知っただけで6人は肩のシリコン噛み具合が一緒でしたよw 同じ型で抜かれたんでしょうが・・・
アレって請求しちゃいけないレベルなんですかね?コレを「叩き」と捉えていた方がいらっしゃいましたが
流石にソレはアホ発言でしょw

>価格上昇に関して
例えがF1模型になって申し訳ないんですけど、数年前の状況に非常に似てると思ったので書いておきますね。
フジミが1/20F1シリーズ始めた頃って、正に谷さんのサイレンFと同じ受け取り方でしたよ。
「出してくれるのはありがたいけど高い!」その後シリーズが進むにつれて高価格に慣れちゃいましたけど・・・
タミヤ1/20のF60をウェーブ製「バッシュ」に準える事が出来ると思うんですよ。
ソレまで¥3千前後ぐらいだったタミヤ価格設定が、いきなり¥5千に上昇!
でもね、フジミのキットが¥4千~5千でリリースされてきたからショックも少ないという・・・慣れって怖いw
自分も「高い!」と文句を言う方なので「高価格化」を肯定なんてしませんけど
売る側からすると仕方が無い、というかソーいう時代の到来なんでしょうね。
デキの前に「価格の壁」がマズ立ちはだかる!といった所でしょうか?
ドライバーの腕ではなく金が支配する昨今のF1シート事情にも近い物を感じます・・・


ココは割と毒多めな記事内容に受取られるんでしょうねー
近しい方から止められたらブログは無くして淡々とHP更新のみにしても良いとは思いますが
今の所は変える気無いんですよ。
というか、管理人さんが更新するのメンドいと思ってそうだしw
前に「容量が云々・・・」とか言ってたからブログに挙げてもらった方が助かってる?と思ってるのもあるんですよね。


次回からはサイレンAの記事に戻ります。
スポンサーサイト

■ プロフィール

山岡 哲

Author:山岡 哲
原型師
メカをゼロから造れたりする人

■ 最近の記事

■ 最近のトラックバック

■ 月別アーカイブ

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■ FC2カウンター

■ ブログ内検索


まとめ