Tyte

RB6-4

タミヤ製RB6を実車に近づけるべく改修してる方を見つけたんですが・・・
だから「泥沼」だと言ったのにww
細部が結構違っちゃってるんですよねー
実写資料は見ない方が幸せになれるという話(ノ∀`)

ココから製作記↓

>フロアのブった切り箇所
RB6-25.jpg
削れた分を離型処理&パテでピッタリ合うように補修します。

>コクピット内Fダクト・シュノーケル?
RB6-26.jpg
穴をドリルで掘り、エッジ2箇所を落としています。
実車に合ってるかはビミョーですけどねw

>エンジンブロック
RB6-27.jpg
抜きの都合でダメダメだった〇モールドを
ドリル開口後に伸ばしランナー(黒)を突っ込んで埋めました。
(サフ吹き後に〇リベットを打ち込む予定)

>Rロワウィング
RB6-28.jpg
ココに隙間がある為に安定しないんだよな~
という事で「離型処理&パテ」で調整しておきます。

>エッチングパーツの取り付け
RB6-29.jpg
呼称「ウィングレット」?パーツを瞬着の点付けで翼端板に接着
その後エッチングを取り付けています。
色指定が青だったのでメインプレーン側に接着しました。

RB6-30.jpg
Rウィング&ノーズ左右にも接着!

私は接着しちゃいましたが、F&Rウィングのエッチングは接着不要な気もしますw

RB6-31.jpg
右サイドポンツーン上部〇内にくるエッチングはサフ吹き後に取り付けます。
各部のスジ彫りを彫り直したんですが・・・思いのほか浅い!
燃料タンク左右なんてブラシサフでも埋まるレベル(;´Д`)

>蛇足?
別にやらなくても構わない事なんですがw
RB6-32.jpg
エンジンブロックの安定化を図るべく軸打ち!
コノ処理が次の工程に掛かってくるという・・・

>Fダクト
RB6-33.jpg
コノ調整時にパーツがグラついたりするのがイヤだったので
Rロワウィング調整&エンジンブロック軸打ちを済ませておいたわけです(´・∀・`)

RB6-34.jpg
少し隙間が出来るので0.3mmプラ板を接着しピッタリ合うように調整。

RB6-35.jpg
思いっきりピントが合ってませんがww
接着の際に削ってしまったダボも復元しておきます。

>スキッドブロック
RB6-36.jpg
結局、合わせ目は消しましたw
一応、言っておくと
キットのままより消す方がメンドいです('A`)

>ディフューザー
ココもピントがズレ気味で申し訳ないw
RB6-37.jpg
薄々攻撃を敢行!とは言え
後ろから見た時限定ショットの処理に留めています。
底面から見た場合はキットのままの厚みです('A`)

>処理忘れ
RB6-38.jpg
Fダクトが作動していない時のエアー出口とされている所なんですが
実車だとキレいになってる?つーか、面一カウルっぽいw
キット形状は抜きの都合によるものらしいので
パテで埋めて均しておきました。

今回で工作は終了、いよいよサフ吹きです(・∀・)
スポンサーサイト

■ プロフィール

山岡 哲

Author:山岡 哲
原型師
メカをゼロから造れたりする人

■ 最近の記事

■ 最近のトラックバック

■ 月別アーカイブ

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■ FC2カウンター

■ ブログ内検索


まとめ