Tyte

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サフについて語ってみるw

ウェットレースだしペドロサ無いわ~と思ってましたが・・・
スミマセンw
ロレンソなんて最後危なかったですしねー、アレは14周目?
だったら転倒しててもリザルト変わりませんでしたけど。
ダニ
大ちゃん号ではなくダニ号に着手したくなってきましたよ( ・∀・)

ここからが本題です。
サフについて少々説明しておこうかと・・・
ある程度のスキルを御持ちの方ならば
それぞれに好みや拘りがあって選んでいると思います。

で、私の場合
使用してるサフはコチラ
サフ
初めの内はBe-jサフ、以降はクレオスサフ切り替えです。
Be-jサフは粒子が粗いので何度も吹いてる内に表面がザラついてきちゃうんですよね
それと細かいキズを見落としガチ(;´Д`)
それで使うのは初めの内までにしています。
メリット的側面で言えば、粒子が粗い分隠ぺい力に優れていて
ペーパーがけの際にも粘るような事も無く良い感じに削れる、といった所でしょうか。

対してクレオスサフは粒子が細かいです。
ですから、コチラは対照的に隠ぺい力がありません('A`)
しかし、粒子が細かい分キズ等の見落としも無くなりますし
塗装前段階の表面状態としては粗い粒子より細かい方が好ましいと言えます。
ですけど、このままの状態で吹き付けちゃうとソレはソレでちょっと・・・
私も人に教えてもらったクチなので言えないんですよねー
クレオスサフを吹き付ける際、このままの状態では使っていませんw
スミマセン、企業秘密という事で(-_-)

粒子が粗いモノと細かいモノを吹いた表面を同条件(仮に#1500)で磨いたとします
その後、塗装をしてみると・・・違いが出るから驚きです( ゚д゚)
磨き処理としては同じ事をしたハズなのに(・A・)
ですから、私は塗装前段階にクレオスサフ仕上げにしています。

例外として、粒子が粗いモノを一発目から外す場合もあります。
自分が原型を造っておいてナンですがw
サイレンRは最初からクレオスサフです。
造りからして粗いサフ入れたくなかったんですよねー
スプレーだと逝っちゃう造りもドーなんだよ、という(´・ω・`)

・使用シンナー
シンナー
サフは大きさ比較で並べただけです、深い意味はありませんw
拘りなし、テキトーヽ(´ー`)ノ
ホームセンターに売ってる激安ラッカーシンナー。
要はプラレベルのモノなら容赦なく溶かす!シンナーであるかドーか
食い付きはシンナーがアル程度強力じゃないとダメです(・∀・)
ペーパーがけしていてもマスキング剥がれが起きる人はプラ用のシンナーを使っていませんか?
ソレだと、いくら頑張って磨いても食いつきが弱く剥がれちゃいます(;´Д⊂)  
お奨め(というか自分が使いたい)はロックのシンナーなんですが
激安シンナーと比較しちゃうとカナリ割高なんですよね~
・シンナーを買う時の注意点
いきなり徳用サイズを買わない事!
大中小とサイズ違いで売ってるのであれば、マズは小で御試しあれ
何でもいいから、と買ってみたシンナーがウ〇コ臭かった事がありましてねー
使い終わるまで涙目の日々でしたよ(ノД`)
ソーいう時に限って徳用サイズをゲットしちゃってるんですよねorz

以上が私なりの対サフ:アプローチです。
他の人に聞いてみるのも良いと思います
各自、自分に合ったモノを見つけて下さい。
スポンサーサイト

■ プロフィール

山岡 哲

Author:山岡 哲
原型師
メカをゼロから造れたりする人

■ 最近の記事

■ 最近のトラックバック

■ 月別アーカイブ

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■ FC2カウンター

■ ブログ内検索


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。