Tyte

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KAN-1

仮組み状態
KAN_20120215221023.jpg
現状、アンテナも付けてませんし、まだ調整箇所がいくつかあります
ベタ足なんですがー
ソコまで安定感が無いという(;´Д`)
この後ベースを自作します。

KAN-1.jpg
胸部装甲と蛇腹が干渉するので調整します
青く塗った所をリューターで削りパテ盛り
接する面を離型処理した蛇腹と合体!

KAN-2.jpg
蛇腹を外した状態
パテ凸部はコノ後削っておきます

KAN-3.jpg
ココがこのキットで一番合わない所かもしれません(;´Д`)
まずは股間ブロック側の凹部下側を削ります
ソーしないと装甲基部側の凸が収まらないので・・・
股間ブロック側にパテを盛り、基部側には離型処理
で、合体!

KAN-4.jpg
装甲という装甲は全部薄々の本キット
軸打ち不可パーツもいくつか・・・
右腕装甲は軽いし接着剤だけでイける気もしますが
やっぱり、軸打ちしておきたい(´・∀・`)
腕側に凹を設け装甲側に凸増設!
軸打ち穴は塗装時の保持にも役立ちます

KAN-5.jpg
ここのパーツは説明書にも要調整記載がありますが
一応、載せておきますねw
パイプ状パーツの方を思いっきり削ります
ソコにパテを盛り、スネ側には離型処理・・・合体!

加工と言える工程はコノぐらいですかね~
今回のキットは固定だし、あまり問題が無いような・・・
今後、WSC製品はポーズ固定で行くんでしょうか?
私はAF方式支持者ですけど(´・ω・`)
スポンサーサイト

■ プロフィール

山岡 哲

Author:山岡 哲
原型師
メカをゼロから造れたりする人

■ 最近の記事

■ 最近のトラックバック

■ 月別アーカイブ

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■ FC2カウンター

■ ブログ内検索


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。