Loading…

スポンサーサイト

Posted by 山岡 哲 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

注意事項?

Posted by 山岡 哲 on 30.2013 その他   5 comments
ワザワザ書く事でもないと思っていたわけなんですが・・・長文の連投スミマセン。

コチラに足を運んでくださる方全員が区別できていないとは思いませんが
ブログ記事中に於ける「製品」と「作品」とでの見方や意見の使い分け、コレが判断できないのであれば記事を読まない事をお奨め致します。
区別できてない方は何でも「叩いてる!」と受取る傾向にあるようなので・・・
当たり前の話ですが「自分の意見が正解!」なんて言う気もありませんし、違う意見があって当然です(100人が100人、全員賛同者だったら逆に気持ち悪いでしょw)
だから多少は偏りがあります、その辺は御了承ください。

製品クオリティに於けるツっ込みは購入者向けの参考意見です。
届いてみたら「期待してたのと違う」という経験がある方ならば共感する部分でもあり
レビューは手助けになっているハズ?と思って書いてます。
HPを御持ちで製作経過を挙げてるような方は正直に感想を述べられると購入者向けの参考意見になって大変宜しいかと思います。
仮に意見が偏っていたとしてもソレも含めて買うかドーか決めるのは購入者の判断
参考意見が多い分には手助けにはなっても困らないと思います。

自分が考える「製品」クオリティとは具体的にどのような事を指すのか?ソレを以下に記します。
「組み易さ」「抜きレベル」「パーツ精度」「情報量」「仕上げ(磨きレベル)」このぐらいですかね?
剣聖クラスの人をコレに当てはめた場合
トータルパフォーマンス順「平井さん>西山さん>谷さん=生嶋さん」が自分の見解です。
谷さんの場合、海洋堂時代のキットを当てはめてますから今現在のキットレベルではありませんけど・・・

コレが「作品」として見るというなら話は変わってきますよ、順番が入れ替わるでしょう。
ただ、「作品」に関しては各自の好みや感性の部分で意見が大きく異なる(定規で測れる、といった単純な物でもない)ので語れません。
ましてや「作品」否定はしちゃいけないと・・・

「製品」クオリティの内訳で以下の事に気付いた方は非常に分かってらっしゃいますねw
「抜きレベル」以外は原型製作時間に左右される事柄を指してるんですよ。
つまり時間をかけたら誰でも補える部分、ですが現実には時間に制約がある・・・
谷さんのサイレンFは3ヶ月ほどの製作期間とありますが、正確には「3ヶ月以内で完成させなければならなかった!」じゃないですかね?
それでパーツ精度までが機械並みだったら人間じゃありませんw
精度的なツっ込みをしたのは購入者向けに対してですよ、各々でキットのドコに商品価値を見出してるかは違いますから・・・
¥3万5千もするからパーツ構成も粉々KOGに近いと思っていた方が居らしたんじゃないですかね?
だからスクリティに近い内容だと参考意見を述べたまでです。
ちなみに、自分が知っただけで6人は肩のシリコン噛み具合が一緒でしたよw 同じ型で抜かれたんでしょうが・・・
アレって請求しちゃいけないレベルなんですかね?コレを「叩き」と捉えていた方がいらっしゃいましたが
流石にソレはアホ発言でしょw

>価格上昇に関して
例えがF1模型になって申し訳ないんですけど、数年前の状況に非常に似てると思ったので書いておきますね。
フジミが1/20F1シリーズ始めた頃って、正に谷さんのサイレンFと同じ受け取り方でしたよ。
「出してくれるのはありがたいけど高い!」その後シリーズが進むにつれて高価格に慣れちゃいましたけど・・・
タミヤ1/20のF60をウェーブ製「バッシュ」に準える事が出来ると思うんですよ。
ソレまで¥3千前後ぐらいだったタミヤ価格設定が、いきなり¥5千に上昇!
でもね、フジミのキットが¥4千~5千でリリースされてきたからショックも少ないという・・・慣れって怖いw
自分も「高い!」と文句を言う方なので「高価格化」を肯定なんてしませんけど
売る側からすると仕方が無い、というかソーいう時代の到来なんでしょうね。
デキの前に「価格の壁」がマズ立ちはだかる!といった所でしょうか?
ドライバーの腕ではなく金が支配する昨今のF1シート事情にも近い物を感じます・・・


ココは割と毒多めな記事内容に受取られるんでしょうねー
近しい方から止められたらブログは無くして淡々とHP更新のみにしても良いとは思いますが
今の所は変える気無いんですよ。
というか、管理人さんが更新するのメンドいと思ってそうだしw
前に「容量が云々・・・」とか言ってたからブログに挙げてもらった方が助かってる?と思ってるのもあるんですよね。


次回からはサイレンAの記事に戻ります。
スポンサーサイト

ミター!-2

Posted by 山岡 哲 on 28.2013 その他   4 comments
「単発」云々とか言ってる人が居ましたけど、意味が分かりませんw
別に隠しても意味ないし、見てたらフツーに「見てます。」と言いますよ。

長文がいけないのか?と思って今度は短めにしましたが、やっぱり書き込めませんでした。
教えてくれた方が居ましたが「規制」の表示が出ますね。
折角だから内容を記しておきましょうか?
反論的な事を期待されているようでしたがソーじゃありませんw
今ならマメにコチラに足を運んでいる方も居らっしゃるようですし
普段の記事では絶対にコメントが付きそうも無い事でも即レスしてくれるみたいだから
「カラーレジン」についてドー思ってるのか?ソノ意見を聞きたかったんですよ。
今となっては書き込みが出来ても意味無さそうですが・・・

「今回のバッシュとサイレンFとで違う事を言ってる。」という指摘についてですが
サイレンの時の記事をちゃんと読みました?
コスト云々は同封の解説書にも書いてありましたけど。
自分が言ったのは、ソーいう言いわけ的な事をワザワザ書かなくていいから「谷さんの絶対的な造形センスが分かる人はコノ値段ですけど買ってください。」で良いんじゃないですかね?という事だったと記憶してます。
今回のバッシュに関するコメントですけど、絶対に勘違いして受取ってますよw
誌面も現物も確認してないからソコまで言ってなかったというだけで、受取り方はサイレンFと同じですよ。
比較対象に生嶋さんのバッシュを挙げる人が居ると思いますけど(というか造った本人でさえ意識してない事は無いと思う)
「1/144サイズに思い入れのアル方、彼の解釈や造りに納得の行く方はコノ値段でも買ってください。」といった所ではないでしょうか?
ただ、現物を見てないから商品使用に関してはナンとも言えないと・・・
メーカーさんからしたら同スケール・ボークス/プラの存在はデカいでしょうねw
価格設定に慣れたと言う発言は同社の「EEE」シリーズを見てきたからと言うのもありますよ、MHしか見て無いという人は視野が狭すぎじゃないですかねー
これらを擁護発言と受取るとかアホでしょ、現物見たら感想を書くこともあるというのに・・・

組んでるキットに関しては製品否定みたいに見えるんでしょうけど
間違っても作品否定をした覚えは無いんですけどね。
組む人の参考になるように正直な意見を述べてるだけだと思ってますよ。

「便所の落書き」発言をする人もいましたけど、ソレ言い過ぎでしょw
ソコまでFSS/GKスレがブラックだとは思ってませんよ(昔から)
見なくなった当時を知る人達が書き込んでるようだから何も言わなかったんですが
ソレも説明しときます?
自分が見始めた時は「永野先生>>原型師」というデザイン在りきの元に各々がキットについて好き嫌いを語ってる感じだったんですね。
ソレが「原型師>>永野先生」ぐらいの受取り方で、原型師の作品には間違いないけどデザイン在り気ではなく、否定肯定で貶す感じに変化していったんですよ。
で、自分が見るのを止めた時の頃は「キャスト製品が一番!他はダメ!」という排他的な人の書き込みで占められていたと・・・
その時の書き込みは「短足」論争のループが主w
自分の見解だと「ボークス時代のヒーロー体型(生嶋さん自身の発言アリ)じゃダメ!重量感演出?の為のバランス取り」のように受取ってましたけどね。
当然、掲示板にそのような書き込みが成されるはずも無く、貶す事ばかりで的を射るような発言は見当たらないと・・・
だからソノ当時から「書き込みは気にしなくて良いですよ」と言っていたわけです。
まぁ、正確には全部が全部ではなく「特定の人の書き込み」がコレに当たるわけなんですけどね・・・

ソレと「作ってない人の意見は当てにならない」みたいな事を言いましたけど
少し訂正しておきます。
別に完成させてなくても構わないんですよ、仮組みぐらいで十分。
ソレを結構な数見てきた方なら、的を射る発言があっても不思議じゃない。
で、ドーいった発言がソレを指すのか?という事ですが
書き込みで、サイレンRをベストと言ってくれた方が居ましたね
「ありがとうございます。」素でつぶやいちゃいましたよw
でも、コレは的外れな発言だと思います。
剣聖クラスの人達、並びにウェーブ社内の人間に聞いたら全員一致で次の答えが返ってきますよ。
「ベストは新井さんのキット!」
サイレンRに関しては、昔のモノと比べても情報量や仕上げの部分でそれなりの評価をして頂いたと思いますが
MHの評価はソコじゃないでしょ?
全体のバランスやシルエット、各部のラインといった感性の部分が評価すべき点だと思います。
やっぱり新井さんのソーいった部分は天才的と言わざるを得ません。
自分やS君は感性の部分で劣っているという自覚がありますよ
キットを買ってる行為が正にソレw
剣聖クラスの人々との決定的な違いでもあるし、コノ方々は間違っても参考用にキットを見たりしませんよ。

序に申し上げておきますと
>サイレンRダメ出し
スカートの広がりが足りない→結果、股間幅が狭くなった。
そもそもスカートがソーなったのも
肩装甲&頭部の前後幅が足りない(厚みが無く薄っぺらい感じになってる?)
当時は一生懸命取り組んだわけですが、今だから言えるというヤツです・・・

ブログコメントに書き込む事に臆してるよう感じられましたが
仮に、今までの書き込みがコチラにコメントされてあったとしても
個人を特定してドーコーしようとかありませんよ。
先にも述べましたが、ソコまで酷いとは思ってませんし・・・

自分で言っておいてナンですが
スミマセン、やっぱり気になってしまい書き込みをチェックした結果
マスキング中
マスキングが全然終わってませんw
人のこと言えませんね、ホント・・・

ソチラに書き込みを期待されてる方には申し訳ないんですが、現状ムリです。
出来ましたらコチラにお願いします。
カラーレジンの事に興味のある方も居るようでしたら是非
コスト高の一因になってるわけだし、自分が思っている以上に本当に需要があるのか?疑問だったんですよね。

続・カキコミ

Posted by 山岡 哲 on 27.2013 その他   0 comments
コーいった事を書き込む機会なんてソーは無いし
最初で最後のつもりで書いておきますね。

以前より、近しい方には以下のように言ってきました。
「あーいった所の書き込みは気にしなくて良いと思いますよ」
「書いてる人間も特定の人だけでしょうし」
今までは、あくまで予想発言でしかなかったわけですが
ドーやら正しかった模様w
直接2chに書き込んじゃったら反応が分かりませんでしたけど
ワザワザ記事にして良かったのかもしれません( ・ω・)

ブログのカウンターにカーソルを合わせてもらえます?
ソーするとアクセス数が表示されますよねー
結果、平常運転w
一昔前ならチョット書かれただけでもアクセス数が跳ね上がりそうなもんですが(・A・)
ネット巡回+掲示板書き込みを習慣化してる人数なんてソノ程度なんですよ
見てるだけの人も以前に比べて減ってると思いますし・・・
通常のアクセス数なんて2桁程度なんだから、せめて3桁は行ってもらいたかったw
ガンプラが主な所だと日に4桁ぐらい行くんですかね?
やっぱりガンダム凄いわー、そら世界大会も開いちゃうよね(´д`)

しかし、2chで自己紹介しておられる方は想定外でしたよw
少なくともブログの中止と再開から今までの年数は巡回+書き込みを継続してきた
という事になるわけですよね?流石にコレは引くレベルの期間(ノ∀`)
FSSのGKに興味があるような人が若いって事は無いと思うんですよ
なのに常駐しておられる・・・
書き込むのは特定の人間だけとは予想してたけど、これ程までの猛者が居ようとは( ;゚Д゚)
ある程度の所で入れ替え(卒業とも言える?)されてるという頭があったから余計に・・・
掲示板に限らず、普通は飽きると思うんだけどなー
で、まぁソンナ常駐者がマトモに作ってるわけが無いから、書かれてる意見なんてのは当てにならない
という認識(今も昔も変わらず)
普通は一日辺りの製作時間(別に製作じゃなくても良いんですけどw)なんて限られてるハズでしょ?
ネットを止めて作った方が有意義だと思いますよ。

>I君
たまたま目にしたから親切に教えてくれたんだろうけど
ワザワザ御知らせしなくて良いよw
思わず遡って読み返したんだけど、目が痛くなった('A`)
文字情報のみの画面は堪える・・・
年内にサイレンともう一騎をうpするつもりだったけど
ドーやら、サイレンで一杯一杯の模様。

・補足
何の問題もなく掲示板を利用してる方には燃料投下になってしまっていて?
悪い気もしたので実は書き込んでみようとトライしました・・・が
書き込めませんでしたよw ナニかマズい事したからですかね・・・
御用が御ありの方はコメント欄の方でも構いませんので御知らせ下さい。

2chミター!

Posted by 山岡 哲 on 26.2013 その他   0 comments
ワザワザこーいうのを書くのはドーかと思ったんですが
折角I君が教えてくれたので少し答えておきますねw

S君のバッシュは現物を見てないからナンとも言えないんですよ。
多分、パーツ数が多いんじゃないですかね?
1/144で¥3万が妥当とは思いませんが
ココ最近の模型全体の値上がり方が酷過ぎて慣れた感アリですw
谷さんのサイレンFは製品内容がスクリティと同じ感じなんですよ
実際に買った人は分かるハズ・・・
だから「製品内容」で見た場合に¥3万5千は無いわー、と思ったわけですが・・・
先にも述べたとおり、ベルグ抜きだとコノ価格設定になっちゃうんでしょうね、きっと。

・追記
ヤバい、小心者だからカキコミをマタ見てしまったw
アーいう所に書き込むぐらいの人だとMH以外の模型とかチェックしないんですかね?
自分は車とかチェックするんですけど
値上がり方がハンパないです、再販品なんて当時の価格の何倍だよ!っていう・・・
それと「製品」と「作品」を見る眼は違うんですけどねー
いずれにしてもMHのGKが出るのって最後だと思いますよ
開発中のモノがあるならまだしも新規は難しいんじゃないでしょうか?
バルは出ませんよ、そんな話は一度もありません。
ウェーブさんが自分の所に話を持ってくるとも思えませんしねー
実際に原型を収めたりした事がある人なら分かると思うんですけど
そんなに簡単に製品化できませんよw

サイレンA-10

Posted by 山岡 哲 on 26.2013 サイレンA   0 comments
塗り忘れ、という事でもないんですが
前回同様、白塗り工程・・・
A31.jpg
柄部分の白、前回画像のモノと同色です
ただし、コチラは白パールをコートしてあります。
ソレでワザワザ画像を分けたという・・・

柄の端と重棍?槍なのか?(←コレの正式名称が分かりませんw)
コレらも序でに塗装しておきます。
#8シルバーに黒を少し足したモノを使用
当初はコノ色でフレームを塗りつもりでした(以前に製作したプロミネンス/フレーム色が同じ)
コチラの方がイラストに近い色ではありますが
敢えて変更・・・その理由は完成時にでも述べましょうかね・・・


以下、全く関係ない話w
>モデラーGP
TOPにある外国の方のスクラッチ作品を見てドン引き (ノ∀`)
マジで凄過ぎて引くわー、アホでしょ(褒め言葉)

>ヒロMP4/4
やっちゃったねw
完成させてる人の画像を拝見しましたが・・・
確認しようと思えば直ぐにでも確認できそうな所に実車が展示してアルにも拘らず
似てないヽ(゚∀゚)ノ
ブライトさんじゃなくても「ソコ何やってんの!」と言いたいレベル(・A・)
いくらデアゴの存在があるとは言え、ホントに大丈夫か?MP4-23
なんだか不安になってきたw

サイレンA-9

Posted by 山岡 哲 on 25.2013 サイレンA   0 comments
余り進んでませんが、またマスキング地獄になると更新が途絶えるのでw
うpできる分はうpしていこうと思います。
A30.jpg
白塗りました。

アレかな?今日と言う日は流石にウェーブ製バッシュについて何か言わないとマズいのかなw
ベルグさんに結構なパーツを真空抜きで御願いした場合
こんな値段になっちゃうんじゃないでしょうか?
少なくとも原型料と抜き代は回収したい所?その結果がコノお値段・・・

はい、テキトー言いましたw 真に受けないように('A`)
でも、今後もコノぐらいの価格設定がデフォのような気はします。

連載も再開されてるしWF辺りで「FSS」の許可降りませんかねー
さすればバルの実戦投入!
今なら¥2万超えでも文句は言われまい(おもっクソ便乗値上げwww)

サイレンA-8

Posted by 山岡 哲 on 24.2013 サイレンA   0 comments
ビスマスパールをコートしマスキングを剥がした所
A26.jpg
A27.jpg
A28.jpg

スネ内側の塗りワケ
A29.jpg
完成後には全く見える気がしないんですけどね・・・

ようやく装甲の塗装に入れますw

サイレンA-7

Posted by 山岡 哲 on 22.2013 サイレンA   0 comments
前回の記事と画像が重複しますが
A21.jpg
A22.jpg
マスキングしてから

フレーム色を塗装します。
A23.jpg
A24.jpg
A25.jpg
ベースグレーを吹きつけた所

当初、#8のシルバーをベースにフレーム色を作るつもりでしたが
パールコートへ変更w
画像では黒に見えますが、グレーです(黒多め+白)
この後、ビスマスパールをコートします。

御知らせ等

Posted by 山岡 哲 on 21.2013 その他   0 comments
・ビデオに関する補足説明
SIDE1.jpg
SIDE2.jpg
ドチラも「VHS」です、パッケージは紙製となります。
送料の件ですが「ゆうちょ」での振込対応も可能です。
御希望の方はコメント欄にソノ旨を書き込んでください。
仮に複数の方がいらした場合・・・その時に考えますw
〆切りはサイレンA完成時、でドーでしょうかね?

そのサイレン
A21.jpg
A22.jpg
ようやくマスキング作業終了
これでフレーム色が塗れる。

プレゼント告知?

Posted by 山岡 哲 on 16.2013 その他   1 comments
若干、タイトルに大ウソ感はありますがw
昨日の記事に関する詳細説明を行います。

内容を忘れちゃってるので再生を試みた結果・・・
ビデオデッキ死亡の模様w
震災時のダメージでダメになってたみたい orz
90年代F1のビデオとか、もう見れないのかーっ!最悪だ(;´Д⊂) 
92年辺りの黒脇さんとか最高なんですけどねw

ソレはいいとしてココからが本題。
(以下2点はボークスから発売されたモノ)
私の記憶が確かならば「SIDE1」には
MHバビロンズ(原型:生嶋)とシレーヌが収録されてたハズ
メカとフィギュアの製作工程がダイジェスト形式で見れたような・・・
JW1.jpg
当時¥3800だったらしい(パッケージ裏に記載アリ)
当たり前ですけど収録に使われてるバビロンズはボークス製ですよ
キャスト製なワケがないw
ゲート処理~完成までの流れが一通り収められている内容になってますが
エアブラシ塗装の工程がメインじゃないですかねー
サフ地を磨いているのに塗装をするとザラつく!なんて人には参考になると思います。
「塗膜を薄く」を意識する余り、色がちゃんと乗ってない状態だからソーなってしまうという・・・
映像を見たら分かりますが、結構ガンガン吹いちゃってますw
パーツを塗り終えた所なんか、わざわざ光を当てて表面の状態が見易くなるように配慮されてたり
よく言う「表面が濡れた状態」みたいな事が見て取れます。

続いて「SIDE2」です(当時¥3500)
JW2.jpg
パッケージに描かれてるキャラクターの製作工程(藤島康介先生デザイン)
コチラは「SIDE1」に比べ、より塗装に比重をおいた内容になっていたハズ?だよなw
グラデ処理とか結構丁寧に解説してくれていた記憶があります。
あと、確か「ラチュバム」も収録されていたんだよなー
コッチはガッツリって程ではなかったと思いますけど・・・
>ラチュバム
デザイン:近藤和久氏 原型製作:今井将之
R1_20131116201302763.jpg
以前、カテゴリー「原型師列伝」で少し紹介しましたけどね。

このビデオには「SIDE3」が存在してて
「ラチュバム」はコッチでメイン扱いされてたんじゃないですかね?
R2_20131116201754ecb.jpg
残念ながら「SIDE3」は持っていなかったので未見です( ・ω・)

確か「SIDE1」は買ったと思うんですけど「SIDE2」はコンプ一式(¥12万ぐらい)購入時に一緒に付いてきたような記憶が・・・まぁ、入手経路はドーでもいいんですけどねw

ビデオを見た事がある人なら分かると思うんですが
コンプレッサーとブラシの吹き付け音までちゃんと収録されてるでしょ?
それだけ静かな環境下で撮影していたと・・・
でもね、撮影場所って当時のヴァージナル(まぁ造形村も一緒だけど)なわけで
横の道路に車が通ったりすると撮り直しになってメンドかったらしいです('A`)
この話は工場長(出演者本人)に聞いたから間違いないw

以上のビデオ2点が欲しい方はコメント欄にソノ旨を書き込んでください(コメント非表示で構いません)
ビデオ代は要りませんが送料だけは御負担願います。
振り込んでもらうのもナンだし送料着払いがいいですかね~
まぁ、そもそも欲しい人が居るのか怪しいんですがw


次こそはサイレンAの更新になると思います、ソーならないと自分がマズいとかナンとか(ノ∀`)

要る?

Posted by 山岡 哲 on 16.2013 その他   0 comments
先の記事で述べた代物がコレ
詳細は後ほど書きますが、とりあえず現物画像を投下しておきます。
J-W.jpg
所謂「how to」モノ、videoだから再生が可能な環境であるかドーかが一番の問題なんですけどねw
内容に関しては明日中に書き込むつもりです。
欲しい人はコメント欄にソノ旨を書き込んでください(伏せ機能推奨)

サルベージ

Posted by 山岡 哲 on 15.2013 その他   0 comments
>Sコン
当初「コンペだし参加するならcompetitiveな作品を投稿しないといけないよなー」と思っていましたが・・・
どーやらコンペじゃないらしいw
御本人にも確認を取りましたが、過去作品でも構わないとの事。
なるべくHP内の画像とはカブらないセレクトにはしてありますが
ブログにうpしたモノとはダブってる可能性が高い('A`)

という事で、今週は失われたデータのサルベージ作業で潰れたと・・・
正確にはサルベージではなくディスク探しだったわけナンですけどねw

ソコで発掘された原型画像を以下にうpします。
もう時効だから晒しても構わないと思うんだけど、ドーだろ(;´Д`)

・ヴァイスリッター
ヴァイス
ヴァイス2
コトブキヤさんのプラモのタタキ?
原型の原型みたいなモノ?どんな扱いだったのか良く分かりませんw
ヴァイス3
ヴァイス4

ヴァイス5
ヴァイス6
ヴァイス7
フル可動なんだけど、別にシリコン型で抜くとかソンナんじゃなかったからワンオフ的な造り。
製品に原型がドノ程度反映されるのか?良く分からなかったわけですが
一応、装甲&足の裏まで再現するよう言われたので造りました。

今見るとアレですね、当時のマジメな造りが垣間見れると言いますかw

オマケでウェーブさんのアシュラ画像も投下
W-A.jpg
うん、机が汚いっすな~www

原型うp!画像
W-A2.jpg
撮影時、スネに六角形パーツを接着し忘れていたとは露知らず・・・
下半身は旧作と同じだから磨きのみで終了だよな!という思いが成せる業w

実は他にも発掘したモノがありまして
処分しようと思いましたが、万が一にも需要があったらアレだしなーと。
詳細は日曜日までに御知らせ致します
基本タダで御譲りしますが送料ぐらいは持って頂きたい・・・
ソノ前に欲しい人が居るとは思えないんですけどねw

サイレンA-6

Posted by 山岡 哲 on 11.2013 サイレンA   0 comments
いやー、ホントはもっと進んでから更新したかったんですけどね
装甲裏だけでコレほどまでの労力を強いるとは
全くもって予想外w
撮影してある分だけでもうpしておきます。
A18.jpg
ブラシ塗装→スミ入れ、が終わった所です。

上の画像と大差無いしw うpしようか迷ったんですが
一応、次の工程もうpしておきますね。
A19.jpg
ツヤ消しを一吹き。
少しトーンダウンと言いましょうか、落ち着いた感じにするのが目的。
だから色味が変わるほどガッツリ吹き付けてないわけです。

・追加
A20.jpg
スネパーツの内側はこんな感じです。

この後、色が乗ってしまった部分をペーパーがけして
マスキング作業へと移行←今ココ
装甲裏多過ぎw マスキング作業が終わらない orz

ボリュームがあって装甲が多いMHはタチが悪い('A`)

今頃というか今更・・・

Posted by 山岡 哲 on 07.2013 その他   0 comments
今シーズンまでのマシンでF1模型を終了しようか、マジで悩み中w
2009はニューウェイ先生RB5のおかげで留まる事が出来ましたが(;´Д`)
なんつーか、F1自体をそろそろ見なくても良いかなーなどとココ最近思ってましてね~
ライコ、ヒュルケン辺りの結果出してる連中ですらノーギャラ奉仕活動状態とか夢無さ過ぎ(;´Д⊂) 

積みがコレ以上増える事も無く在庫を消費していく一方、という流れは人として正しいと思えるしw
最後のキットにヒロ製1/12MP4-23をゲットしておくのも悪くないかなー
しかし、いくらチャンプ決定とは言え最終戦ブラジルはハミチンにとってダメレースだったような(´・ω・`)
ノーズのアレも好きじゃないし、今ならモナコ仕様を選んじゃうな・・・
  

プロフィール

山岡 哲

Author:山岡 哲
原型師
メカをゼロから造れたりする人

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。