Tyte

報告あれこれ

しばらくの間、塗装できなくなりましたorz最悪だ・・・>RB6マジメに磨いてますよ。丁寧過ぎてナカナカ終わらないほどにwF1に関しては、そろそろ1/12FW14Bの記事をうpし始めようかな~と思ってます。前回の途中経過のヤツとは一味違うんですな、コレが(´・ω・`)タマにはFSSに関する事柄にも触れておきましょう。言ってませんでしたがー私だって先月はスクラッチ始めようかとも思いましたよ。途中のがアリ過ぎなので止めましたが(ノ∀`...

続きを読む


RB6-6

・工作追記>エンジンブロック〇モールドの復元を行いました。初めは実車同様に◎凸を再現したわけですが他の〇モールドが単なるドリル彫凹なのにココだけちゃんと再現してあるとかドーなんだろう・・・結果、単なる〇モールドにwこの方が違和感は無いハズ(´・ω・`)>ロワウィングスリットの開口。忘れてました(ノ∀`)>その他(注:スミ入れ状態ではありませんw)サフを吹くと抜きの制約が良く分かるんですよね。曲面部分は特に表れる・・・という...

続きを読む


RB6-5

サフったりましたよ!吹き付ける際、フロービズが如くF→Rへとエアーの流れを考えながらブラシを運びます・・・はい、ウソ言いましたwwでも、ノーズ下とアンダーパネルはマヂでバージボード、ディフューザーから吹き付け空気の流れを確認してから全体サフ吹きへと移行しました(・∀・)サフ吹きまでくると直ぐに塗装できそうに見えますがソレは気のせいw完成品製作はサフ段階からが本番!(私的には)磨きでサボると、ろくな事がナイジェル・...

続きを読む


RB6-4

タミヤ製RB6を実車に近づけるべく改修してる方を見つけたんですが・・・だから「泥沼」だと言ったのにww細部が結構違っちゃってるんですよねー実写資料は見ない方が幸せになれるという話(ノ∀`)ココから製作記↓>フロアのブった切り箇所削れた分を離型処理&パテでピッタリ合うように補修します。>コクピット内Fダクト・シュノーケル?穴をドリルで掘り、エッジ2箇所を落としています。実車に合ってるかはビミョーですけどねw>エンジンブロック抜きの...

続きを読む


マック!

スミマセン、RB6の更新を忘れてしまうほどに衝撃的なモノを見ちゃったものですから・・・「スマイル党 マック赤坂」     ↑皆さん、この方を御存知でしたか?私は知らなかったんですよねー初見が「スーパーマンの格好をしてのジェスチャー付スマイル連呼」しかもコレが政見放送という・・・だったので更新も忘れて過去の選挙結果等に見入ってしまいました(;´Д`)興味のある方は動画検索してみて下さい。必ず衝撃を受けるハズ(...

続きを読む


モデラーGP

>モデラーGP順位発表キテますね。自分がモデラーGPを知った頃はコンナ感じじゃなかったハズw今となってはゲストを呼ぶのもデフォだし、凄いな~(・∀・)これも継続はナンとか、ってヤツですかね?コチラも「MHGP」と題してやっちゃいます?まぁ「GP」関係ないんだけどw内容は名前の通りパクりですよ!クラス分けは「スクラッチ」「キット改造」「素組み」ぐらいでいいですかね~審査委員はメーカーFSS担当&原型師の...

続きを読む


RB6-3

一気に更新するのは間違いである!と昨日気づいた者ですw>続・スキッドブロックとりあえず接着してみる。画像左:相当削った痕跡・・・パーツ間の接地面をコノぐらい削ってやらないとピッタリ収まりません('A`)合わせ目をドーしようかな~、消すべきのような気もするし(´・ω・`)>〇モールド追記爪楊枝先端部の〇モールドを追加。ココに「REDBULL」デカールがくるから?省略されたのか・・・>エアインテーク下のステー&ミラーの取り付けエアインテーク分割線が...

続きを読む


RB6-2

>続・足回りRロワアーム&アップライトを一体化したわけなんですがー実車だと取り付け位置というか形状が違うような・・・まぁ、見なかった事にしますけどね(ノ∀`)ドライブシャフト&アームも一体化。エキパイの押しピン跡は組んだ際に見えないわけですが気持ちの問題と言いますかナンと言いますか・・・やっぱり処理しておきましたwで、接着!分割線も処理しました。>ラジエーター接着して合わせ目をちゃんと消す!ただソレだけw一応言っておくと、配管のPラ...

続きを読む


RB6-1

タミヤ製RB6の製作開始でございます。初めに断っておきますが、基本ストレート組み!実車と比較していくと泥沼にハマっていきますからね(;´Д`)一番初めに行った処理は「押しピン跡消し」組んだら完全に見えなくなる箇所意外は全て埋めました(`・ω・´)思っていた以上にシンドかったーPラインも処理しておきましたが「とりあえず」と言った具合w本格的な処理はサフ吹き後となります。・各部の解説>Fウィング翼端板を接着、合わせ目&スキ...

続きを読む


 | ホーム | 

■ プロフィール

山岡 哲

Author:山岡 哲
原型師
メカをゼロから造れたりする人

■ 最近の記事

■ 最近のトラックバック

■ 月別アーカイブ

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■ FC2カウンター

■ ブログ内検索


まとめ