Loading…

スポンサーサイト

Posted by 山岡 哲 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続しゅぺるた~

Posted by 山岡 哲 on 13.2009 シュペルター(ボ)
磨いたらサフる!
s12.jpg
スポンサーサイト

今更ですが

Posted by 山岡 哲 on 13.2009 キャラ〇ビ
キャラホビについて・・・
ライフルの手伝いをしたセカンドVなんですけど
元ネタ分かります?自分は小説を読んでいたので知ってましたけど
完成画像見たけど、カッチョいい~ヽ(゚∀゚)ノ
V2よりも好みだなーと

西山さんのディアス凄いですねー
高いけど内容を考えたら仕方が無いかと・・・
ブラシ塗装後の果てし無いスミ入れ地獄(つД`)
よく完成品間に合いましたねー、お疲れ様です
来年はナンだろう?
もうガルバルディぐらいしか残っていないような気がする・・・

実は毎回楽しみにしてたりする毒島さん
やっぱスゲー!正に造形って感じ
過去に「じゃぼうにあ」のキットを購入してたりするんですがー
覚えておられんでしょうな~、つか顔ワカンねーよ('A`)
人馬兵も楽しみであります!

ちなみに、このブログには模型ネタ以外は投下されません(多分)
作業の進みが良ければネタには困らないという話だったり・・・
シュぺルターは磨きが終わるところ
s11.jpg

ほびしょネタ

Posted by 山岡 哲 on 13.2009 その他
いや~タミヤさんF1復帰ですか、アイテムはフェラーリF60!
ナンだろう、素直に喜べない(´・ω・`)
去年のマシンでも良かったと思うんですよー
今年のF60ってハッキリ言って「駄馬」でしょ!「駄馬」!
「ダバ!」byキャオ、「ダバぁ♪」byアム嬢・・・しつこい・・・
タミヤ社員にとって、序盤の不振は予想外だった事でしょう
ハンガロリンクのマッサん事故も予想外・・・
そんなダメダメ状態の中
アゴ兄さん復帰の報は「神は我々を見捨てなかった!」と喜んだに違いない・・・
ところが「ケガがネック出れーねっす、首だけにね(テヘっ)」とアゴ兄さん出ず
代役のバドエルさん・・・何も語るまい・・・
ここまでの唯一勝利のスパもインドの印象強し
良いことナンも無いぞ('A`)

「F1をやりたい!」というよりは
フェラーリ版権取得に伴い「出しとくか」的なノリなんじゃないかと思ったり・・・
まぁ、フジミさんの乱発見てたらねー

個人的には、F1に費やす労力等を市販車につぎ込んでー
エンツォのような超絶キットを出してくれた方が嬉しかったヽ(゚∀゚)ノ
とか言ったら怒られるんかな?やっぱり

でも、結局は買っちゃうんだろうな・・・F60・・・
真のティフォシならバドエル仕様で作るんだろうね、きっと(つД`)

しゅぺるた~は今

Posted by 山岡 哲 on 06.2009 シュペルター(ボ)
かる~く一度目のサフ吹き付け
でもって磨き中
s10.jpg

更新の件

Posted by 山岡 哲 on 03.2009 シュペルター(ボ)
今週末に更新予定ですが、仮組み段階の画像のみなので面白くないかも・・・
もう、磨き段階の画像とか無くても構いませんかね?
毎度お馴染み過ぎて不要な気がしてきました。

最後に
「決して修理を忘れているわけではありません」
と誰かに対するメッセージ

しゅぺるた~

Posted by 山岡 哲 on 01.2009 シュペルター(ボ)
「画像を載せる」と言ってから頑張って軸打ちしてましたが、終わりませんでした・・・
組んだ状態を見せたかった訳ではないので、よしとします(´・ω・`)

どっちがドーとかじゃ無しに、単純な大きさ比較です
s1.jpg
左が平井さんの新作、右が生嶋さんのシュぺルター
最近のボークスMHはキャスト製品のボリュームに追いついてきた感がありますね

s2.jpg
上がボークス、下がキャスト製
腕の大きさも大差ありません

s3.jpg
左がボークス、右がキャスト製
脚も大差なし

s4.jpg
肩装甲:左がキャスト、右がボークス製
ややボークスの方が大きい造りとなっています

s5.jpg
腰周りの装甲:上がボークス、下がキャスト製
大きさが結構違いますねー

大きさ対比画像はココまでです
別にどっちが良いとか悪いじゃありませんし、オチもありません('A`)

続いて、新作シュぺルターの凄さに迫ります!
s6.jpg
パーツの細分化が凄いです!
腹部の両脇(白部)までもが別パーツかヽ(゚∀゚)ノ
マスキング嫌いの方にはうれしい配慮

s7.jpg
お次は足
バビりましたよ!!!
足の裏まで別パーツ化されてるモノって過去にありましたかね?
足裏のマスキングって最凶ですし、大助かりヽ(゚∀゚)ノ

s8.jpg
腕なんかマスキング不要じゃないですかね?

s9.jpg
肩です
装甲裏がキッチリ再現されております
ココまで再現されていると、しっかり塗り分ける必要が出てきてしまうという
うれしくもあり、塗りがメンドくさくもアルというパラドックス(´д`)

磨き終了のバッシュ、自分のサイレンRを放置でシュぺルターを先に上げます
その理由は・・・
本サイトでの新作のキットレビューが初めてになるから(´・∀・`)
今まで無かったんですな・・・
  

プロフィール

山岡 哲

Author:山岡 哲
原型師
メカをゼロから造れたりする人

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。