Loading…

スポンサーサイト

Posted by 山岡 哲 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤田版ゼータ-8

Posted by 山岡 哲 on 28.2015 藤田版ゼータ(MAX)   0 comments
ようやくサフを吹けると思ってたわけなんですけど・・・

細かいパーツの取り付けがナカナカ終わらず
・シールド
z75.jpg
内側に取り付けるパーツなんですけど
肉厚が無さ過ぎて軸打ち不可w
z76.jpg
外側のパーツは小さいだけで普通に軸打ちできるんですけどねー

・サイドアーマー
z77.jpg
何て言うのかな?この藤田メカ特有のパーツ
以前の記事にも上げてましたけど
同様の処理をしておきました。
z78.jpg
左がキットそのまま、右が加工パーツ
z79.jpg
くり抜いてエバーグリーン製プラ板を投入

で、サフ吹きを妨げる奴等が居ましてね・・・
z80.jpg
肩に取り付けるパーツなんですがー
御丁寧にキャスト、メタルと選択式になっているのはいいんですけど
ドッチも合わないw
加工必至やんけ!
つーか、メタルとキャストでコーも大きさが違うとかドーなのよ('A`)
スポンサーサイト

藤田版ゼータ-7

Posted by 山岡 哲 on 22.2015 藤田版ゼータ(MAX)   0 comments
胸部と背面間を繋ぐパーツがありましてね
胴体を弄った事もアリ、御覧の通り合わない・・・
z70.jpg
元々ピッタリって事は無かったパーツなんですが('A`)
この段階で削って取り付けているという・・・
⇦で示した背面接続部を加工してピッタリ合わせたいと思います。

以前の記事にも画像は上げてましたけど、改めて。
z71.jpg
名称は何でしょうね~?とりあえず、おケツに付くパーツw
プラ板による作り直し。
形状やディティールが元キットとは異なりますが
所謂「好み」と言うやつですw
z72.jpg
この板っパ感はプラ板ならでは?
最強は金属板でしょうけどw

抜きの都合かとは思いますが
フライングアーマーで別パーツ化されてる所がありましてね
z73.jpg
まぁ、コレが見事に合ってないんですわw
酷い!ってレベルじゃないんですけど・・・
接着前に修正しておきます(パテ盛り削り等行いました)
z74.jpg
接着、面一に均しておきます。
分割線をスジ彫りとして活かしたかったんですが
如何せん斜めってる('A`)
サフ吹き後にスジ彫りを入れ直すと思います。

藤田版ゼータ-6

Posted by 山岡 哲 on 12.2015 藤田版ゼータ(MAX)   0 comments
胴体解説いきます。
以前の記事でも言いましたが
センター&シンメトリーの調整済みです。
ダボとかを無視して調整あるのみ・・・

とりあえず背面パーツから解説。
左がキット、右が加工パーツ
z54.jpg
組んだら見えなくなるような所なんですが
厳密には「見える!」w
だからコーなったと・・・
ダボ等も変更してあります、背中に付く重い3パーツはココだけで支えるしかない構成になってますから(;´Д`)

z55.jpg
パーツを付けるとこんな感じになります。

z56.jpg
元がプラ板で作られてるもんだから
面中央の凹み具合が結構酷いw
パテ修正しておきました。

襟の辺りのパーツなんですがね
z57.jpg
スネのスラスター?の裏側が真っサラで何もない、という事で追加工作をしたわけなんですが・・・
ココも同じで「何もないのはマズくないか?」と

z58.jpg
上が未処理、下が裏打ちしたパーツです。

z59.jpg
画像は加工後のモノですが
裏打ちとか余計な事をすると収まるものも収まらなくなるわけで・・・

z60.jpg
襟パーツ:削り込み&形状変更を行い収まるようにしています。
(左が加工前、右が加工後)

続いて胴体内部の説明をしたいんですが
先ずは加工前のキットパーツ画像を比較用に投下します。
z61.jpg
z62.jpg
↓上の2パーツを合わせた所
z63.jpg
コーいう構成になってます。

z64.jpg
コレは加工後の胴体画像です。
結構内側が見えちゃんですよねw

で、ひたすら真っサラ状態を潰していく・・・
z65.jpg
z66.jpg
コレで見える所は終わった、ハズなのに・・・

z67.jpg
影になってるので判り難いかもしれませんが
コクピット脇の隙間が結構ありますよね?
コレねー、内側まで見えちゃんですよw

だから、正面側も加工しましたw
z68.jpg
(左がキット、右が加工後)

それから脇?というか肩と胴体とを繋ぐ関節パーツ
z69.jpg
ココも足首と同じような追加工作をしておきました。
(左が未処理、右が加工したモノ)

以上で、大変?というか面倒な改修作業は終わり?のハズ
残りはスジ彫り修正やリベットモールドの復活ぐらいだと思うんですけどね~


ゼータ:連日連投の更新で疲れましたw
続きは来週かな~?
原型を進めたいから予定通りになるかは分かりませんけど・・・

藤田版ゼータ-5

Posted by 山岡 哲 on 11.2015 藤田版ゼータ(MAX)   0 comments
今日は「脚」解説。

ヒザ辺りの「隙間」と言いますか「スカスカ感」を無くすべく
パテ盛り&削りで加工しています。
z44.jpg
ヒザ&スネ部分にパテが盛られているのが確認できると思います。
並べてあるのが「左がキット、右が加工パーツ」となります。

胴体の解説でよく分かるとは思いますけど
とにかく、組んだ状態で見える隙間等を潰していく作業を行っていますw
サイズがデカいキットですし、見える所が「真っサラ」「何もない・・・」が嫌なんですよね。
z45.jpg
以前の記事にも上げたスネパーツ前
z46.jpg
後ろ(左がキット、右が加工したモノ)
z47.jpg
スネに付くパーツを取り付けた所
テスタロッサにも言えるんですが
後方煽りからはスネの内側まで丸見えなんですよね。
z48.jpg
最初はジャンクパーツを投入しようと思っていた足首周りなんですが
手持ちのジャンクパーツの大半がオートモデルのばかりでしてね・・・
↓局地的にコンナンなってもな~と
http://www.romu-romu.com/item/36843.html
結果、過去の原型没パーツを加工したモノを取り付けました(まだ加工途中ですけど)

z49.jpg
スネ前方に付くパーツの支柱なんですけど
他のパーツと○部分が干渉しちゃうんですよね。
○部分を削ってプラパーツを埋め込む形に変更
凸ていたものを凹ませ、高さを抑えました。
結果、干渉回避・・・

z50.jpg
スネの内側:スラスター?
コレ、裏側が・・・
z51.jpg
真っサラw
流石に何も無いのはマズくないかな・・・
z52.jpg
塗装後に加工したプラ板を貼り付けます。

z53.jpg
足首周りも気持ち程度には追加工作しています(上がキット、下が加工したモノ)

藤田版ゼータ-4

Posted by 山岡 哲 on 10.2015 藤田版ゼータ(MAX)   0 comments
今日は「腕」解説です。

先ずは肩から行きましょうかね。
z31.jpg
装甲パーツが左右対称なわけですけど・・・
画像では大した事なさそうに見えますが
厚みや形状が結構違ってましてねw

↓修正しました
z32.jpg
今回は右肩に左肩を合わせる方向で加工してあります。
削り込んで調整、スジ彫り復活等が主な工作内容です。

続いて上腕
無加工で行くつもりでしたが
結局は加工・・・
z33.jpg
完成後、それほど目立つ部分でもありませんが
とにかくキットのサイズがデカいから
やっておいた方が無難かな?と・・・

前腕?下腕?の説明
↑いつも思うんですけど、腕のこの部分って正式には何て呼べばいいんですかね?
よく分かってないw
z34.jpg
まだ処理してませんけど
奥まった所にシリコン波打ちが見られるので要修正です。

z35.jpg
ココにはパイプ?パーツが付くわけなんですけど
コレが結構厄介でしてねw

z36.jpg
コレがキットのパーツ
共通らしいんですけど、厳密には差があります。
結論を述べますと、このままでは取り付け不可能w
不可能というか合わない・・・

で、ドーしたのか?というと
z37.jpg
肘側と手首側のパイプパーツ接続部分には幅というか面積に違いがあるんですよ。
手首側はいいんですけど肘側は全く収まらない・・・
だから、肘側のパイプパーツ基部の直径を削って小さくしました
コレで収まるようにはなりますが、当然元形状のままで手首と肘に問題なく接続できるハズもなくw
ソコでパイプパーツのブッタ切り敢行!
後はパテの盛り削り・・・

z38.jpg
詳しくは次に説明してありますけど
手首の角度が左右で違ってるんですよね。
ですからパイプパーツも左右で形状を変えてあります。
右腕の方が左腕に比べて曲げが緩やかなのが判りますかね?
左よりも「伸びてる」という事なんですけど・・・

手首解説の前に
ライフル修正部分にチョットだけ触れておきます。
z39.jpg
共通パーツでもおかしくないハズなんですけど
左右で異なっているという・・・
ブッタ切り修正を行っております。
後ほど解説するかは分かりませんがw
腰後ろ(おケツ?)に付くパーツも似たような感じだったので同処理を施しました。

左がキットそのまま、右が加工後
z40.jpg
素直に組んだらコーなるw
だから右手の取り付け角度を変えたと・・・
・図
z41.jpg
これ程の差があるわけです。
z42.jpg
角度を変えるとパイプも修正しないといけないからメンドいんですが
コレはやらないとマズい改修だと思うんですよね~
ライフルが内側向きとか、完成後の悪影響が大過ぎるww

以前にも手首の加工画像は上げてありますけど
オマケという事で・・・
z43.jpg
上がキットのまま、下が加工した手首です。
コレだけのデカライフルだからガッツリ保持してる手の方が「らしい」とは思うんですけど
如何ですかね?
  

プロフィール

山岡 哲

Author:山岡 哲
原型師
メカをゼロから造れたりする人

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。